STAFF

物流の様々なサービスを
学びたい

(株)スクロール360
フルフィルメント部ロジサポート第2課

羽鳥 綾乃 / 2019年入社

出身: 茨城県
大学: 東京家政大学/人文学部
趣味: 観劇、映画鑑賞

他社にも通用する営業力

(株)スクロール360
フルフィルメント部ロジサポート第1課

木下 文菜 / 2019年入社

出身: 静岡県
大学: 神奈川大学/人間科学部
趣味: 夏フェス、ライブにいくこと

スクロール360では、入社後のスキルアップを
図るために、営業から物流現場まで一通りの業務を
経験するカリキュラムがありますが、
まず、東京での営業研修の内容を教えてください。

羽鳥:商談があるときは打合せ準備をして、実際の商談に臨み、商談後は報告や今後について検討をしていました。商談がないときは契約書の対応や日程調整など、お客様からのメール対応をしていました。
木下:入社後半年間は営業同行をしており、スクロール360の事業紹介を1人でできるようになることを目指していました。課長やスクロール社員の方にも協力をしてもらい、客観的な視点を意識しつつ、繰り返し事業紹介の練習を行ってきました。

ロジスティクスセンターのある浜松ではどんな仕事をするのですか。

木下:現在は、ロジサポート第1課に所属し、物流代行が主な仕事になります。入社後の営業同行時期には見積書を作成する際に具体的にどんな作業なのかイメージがつきませんでしたが、物流の現場を知ることによって、見積書に記載された作業の意味が分かるようになってきました。

スクロール360に入社を決めた理由を教えてください。

羽鳥:物流の様々なサービスを学びたいと思いました。1つのものではなく、ソリューション事業に携われるのが魅力的でした。
木下:私はもともと営業志望でしたが、コンサル要素の強い営業で、他社にも通用する営業力が身につくと聞いて入社を決めました。

スクロール360の社風について教えてください。

羽鳥:人によって営業の強みが違うので、そういった点でも個性があるように思います。
木下:入社前は(社員がユニークで)動物園のようだと聞いていましたが、多岐に渡るソリューション業務のプロフェッショナルの集団という印象です。

入社前と入社後のギャップがあれば教えてください。

木下:思っていた以上に難しいという点です。
理解できていない、知らないことへの焦りもありますが、周りの先輩が優しく教えてくださるので、業務上困るということはありません。

今後どのような社員になっていきたいですか。

羽鳥:何を聞いても答えられる先輩に憧れるので、1つ1つ着実に勉強していき、「知識量すごいね」と言われるようになりたいです。
木下:サービスがたくさんあるので、最低何か1つプロになりたいです。お客様に対して安心できる商談ができるようになるのが目標です。

休みの日は何をして過ごしていますか。

羽鳥:買い物したり、美味しいものを食べに行ったりしています。
木下:私も出かけることが多いです。ライブで発散することもあります。土日を楽しみに日々頑張っています。

最後に、就活生へのメッセージをお願いします。

羽鳥:私自身、入社前は自分にできるのか不安は大きかったけれど、実際入社してみると先輩も優しく教えてくれますし、成長できる環境は整っていると思います。ですので、不安なく入社してきてほしいです!
木下:入社をしてみて「一緒に働く人が良い」と感じています。他社で働く友達は、先輩と上手くいかなくて悩んだりしている方もいますが、私はそういう悩みはありません。

メンバーからのBest impression!

  • メンバーからの木下さんへのBest impression!

    人との距離感のつかみ方がうまい。聞きにくいこともさらっと聞ける!

  • メンバーからの羽鳥さんへのBest impression!

    明るくバイタリティに溢れている!

募集要項&エントリーはこちらから