STAFF

視て、聴いて、
今求められているものを
世の中へ生み出す。

ライフファッション課
服飾雑貨ユニット

森木 雅子 / 入社1年目

【部署の仕事内容】

さまざまな生活シーンの中で【使える・助かる・リーズナブル】なファッション雑貨を提案します。

ライフファッション課の主な業務は、生協組合員様向けカタログに掲載するインナー、バッグや靴、小物などのファッション雑貨の企画です。
商品企画の業務は、前年の反省→カタログの企画のアイディアを出す→各ページの企画に合う商品制作→商品の売り方を考え撮影依頼→カタログ制作チームと紙面作り→商品掲載と多岐に渡ります。
ライフファッション課の服飾雑貨ユニットでは、さまざまな生活シーンの中で【使える・助かる・リーズナブル】なファッション雑貨を提案します。

自分の仕事

お客様が必要としているものを商品化することです。

私はライフファッション課の中の、服飾雑貨ユニットに所属しています。
服飾雑貨ユニットではバッグや靴、便利なアイディア小物などの企画をしています。その中でも私はバッグの商品企画担当をしています。
大まかな仕事内容は、実際に外に出て今何が流行っているのか、幅広いミセス世代の方は実際どんなバッグを持っているか等の市場調査や、組合員様の声を直接聞くグループインタビューに参加し、実際にお客様が必要としているものを商品化することです。
私は大学時代に服飾関係の勉強はしていなかったのですが、先輩社員に1から教わり、仕事をしていく中で着々と知識を付けています。
OJTの鈴木さんには本当に感謝していて、疑問点や不安な部分の解決方法を一緒に考えてくれます。自分が成長できているのは、鈴木さんのおかげです。

嬉しかったこと

一から企画を任せてもらえた時です。

スクロールの商品企画の特徴として、「実際のお客様(組合員様)の声を反映させる。」というのがあります。
実際に組合員様が求めているものを聞くために定期的に組合員様に意見を聞く機会を設けています。
そこで、どんな商品があったら嬉しいのか、どんな機能があったらもっと便利になるのか等、直接意見を聞きます。
そして先日、お客様に聞いた声をもとに出した企画のアイディアが採用され、来年の夏に販売予定のバッグの企画を一から任される事が決まりました。
これまで実際に自分がメインとなって商談をしたり企画を進めたりした経験が無かったので、決まった時は不安と緊張が混じり、初めてのことづくしで大変でした。
試行錯誤し、思い描いていたことが形になり、出来上がったサンプルを目にした時はとても嬉しかったです。

スクロールに決めた理由

一番の決め手は”人”です。

アパレルだけでなく、多種多様な商品を扱っていたからです。
様々なフィールドで活躍できるチャンスがあるのではないかと思いました。
ですが、一番の決め手は“人”です。
他にもたくさんの企業を受けましたが、スクロールが一番人事の方や働いている人の雰囲気が良かったと感じました。
私は働いていく上で人間関係が非常に重要だと考えていたので、スクロールで間違いなかったと今でも思っています。

就活生へのメッセージ

興味があったらどんどん行動してほしいと思います。

気になった企業があったら、足を運んで目で見てほしいです。
最初から行くと決めている企業も実際見てみると理想とは違ったり、逆に自分がそんなに興味がなかった企業でも行ってみたら、自分にピッタリだと思うこともあります。
就職活動の時期は短いですが、その中でも興味があったらどんどん行動してほしいと思います。

募集要項&エントリーはこちらから