• ニュース
  • 会社案内
  • 株主・投資家の皆様へ
  • 社会貢献・環境活動
ホーム » 社会貢献・環境活動 » 森林整備活動

社会貢献・環境活動

社会貢献・環境活動について

浜名湖館山寺「大草山」での植林整備活動

スクロールグループの社員が参加、体感できる環境活動の推進

松くい虫被害によって松枯れが深刻化した「大草山」を、散策や自然観察が快適にできる森林へと導くことを目的とし、スクロールグループ従業員およびその家族を主体としながら、静岡県や地元の方々と連携し整備活動を行うことによって、豊かな森林への再生を図ることで森林公園としての効用を高めてまいります。

目的と効果

1.植林や草刈などの場として

従業員および家族(子どもたち)が、サクラやモミジなどの植栽とその成長を助ける草刈りなどを行うことによって木や植物と触れ合う体験ができ、社会貢献への実感が得ることができます。

2.環境教育・学習の場として

学校教育や地域の社会教育の場として、人と自然とのかかわりの歴史、地域の環境や景観の成り立ちなどを学ぶことにより、自分と周囲の環境のかかわりを体得できます。

3.健康づくりや休養の場として

最近はストレスの多い都市環境の生活から逃れ、心身ともに森を訪れる人が増えていて、医学的にも森林散策が健康増進に役立つことが実証されつつあります。また、植林や草刈りなどの軽作業が、心の癒しに大きな効果を示すということも評価されはじめています。

4.生物多様性保全の場として

市街地から比較的近い地域の生物種や、生物同志の関係をつぶさに観察したり、記録したりすることで、「生物多様性保全」という地球的な課題に身近に関わっていくことができます。

5.交流の場として

地域内での共同作業が少なくなった現代社会では、人と人との交流が希薄になりつつあります。森づくりの活動は、年齢性別を問わず様々なかたちで関わり合える企画づくりが可能です。自然の中で共に汗を流し、目的を達成しあう活動を通じて交流の楽しさを知るきっかけとすることができます。

6.まちづくり活動を生み出す基盤の場として

スクロールグループとして取り組む「森づくり」の活動は、公共の自然公園を対象としています。はじめは従業員や家族による活動から始め、環境保全活動を軸に周囲の生活環境全体への取り組みへと発展することも可能です。互いに交流し、助け合い学びあい、実践していくことによって、まちづくりへの住民参加を創造する社会貢献のきっかけとしていきたいと考えます。

活動の期間

静岡県と「しずおか未来の森サポーター協定書」を締結。活動期間は2009年4月から、2018年3月までの9年間を予定しています。

【画像】

活動開始前の大草山


【画像】

松枯れの被害状況


【画像】

再生イメージ 春


【画像】

再生イメージ 秋

ページの先頭に戻る