環境 環境

環境

environment

環境に関する考え方

スクロールグループは、企業活動において起こりうる環境負荷に対して、
以下の環境活動方針に沿った目標を設定し、
事業を通じてバリューチェーン全体の環境負荷低減に貢献していきます。

環境活動方針

①環境負荷の少ない安心、安全な商品・サービスの提供を推進します。
②廃棄物と温室効果ガスの排出削減を推進します。
③環境配慮型資源の利用および資源のリサイクルを推進します。
④社員の教育や取引先への理解促進など、環境コミュニケーションを推進します。
⑤目標に対して定期的な結果の検証と公表を行い、環境パフォーマンスの継続的改善を推進します。

CO₂削減目標・施策

削減目標

スクロールグループは、スコープ2(※)のCO₂排出量を2030年度までに2020年度対比で50%以上削減することを目標としています。

※他社から供給された電気、熱・蒸気の使用に伴う間接排出のこと。
当社グループにおいては、物流センターやオフィスにおけるCO₂排出が該当します。

削減施策

CO₂排出量の削減に向けて、以下の施策を実施してまいります。

■太陽光発電システムの設置 物流センターに太陽光発電システムを設置予定です。電力会社と電力販売契約(PPA)を締結し、 太陽光発電システムで発電された再生可能エネルギーの購入を推進します。

■CO₂フリー電力の購入 電力会社から、再生可能エネルギーに由来する電力を購入する取組みを進めます。

■空調冷却装置制御のインバーター化 SCL浜松西の空調冷却装置への制御機器を導入することにより、電気使用量を削減します。

■LED照明への切り替え 当社施設における照明をLEDに変更し、CO₂の削減に貢献します。

事業活動を通じた環境負荷低減の取組み

スクロールは、事業活動を通じた環境負荷の低減を積極的に行っていきます。

■SDGs関連商品の拡充 環境に配慮した商品や日本の伝統・技術を継承する商品、社会貢献が可能な商品等の展開を推進します。

目標
2025年度までにSDGs関連商品の構成比50%(アパレル商材)

■プラスチック素材の使用量削減 環境に配慮した包装資材への切替えを推進します。

目標
2030年度までにプラスチック素材の使用量65%削除(2021年度対比)

■紙の使用量削減 カタログ発行部数・ページ数の削減やWEBカタログへの移行を推進し、紙の使用量を削減します。

目標
2030年度までに紙の使用量25%削減(2021年度対比)