ニュース

news

後払いでスマホ決済やキャリア決済も導入可能に ~「届いてから払い」決済手段拡大!さらなる利便性を提供~

 株式会社スクロール(本社:静岡県浜松市中区、代表取締役社長 鶴見 知久)の子会社であり、後払い決済事業を手がける株式会社キャッチボール(本社:東京都品川区、取締役社長:端 郁夫)は、2022年7月20日(水)より、マルチ決済対応の後払いサービス「届いてから払い」において、4つの決済手段(LINE Pay、d払い、auかんたん決済(au / UQ mobile)、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い)を新たに追加いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

 

 

■「届いてから払い」とは

 「届いてから払い」とは、ECサイトや通販などでのお買い物の際、「商品が届いてから、豊富な選択肢の中よりお支払い方法を決める」ことができる新しい後払いサービスです。従来どおり現金によるコンビニでの支払いや銀行振込、郵便振替はもちろん、クレジットカード、スマホ決済、キャリア決済でのお支払いができるのが特徴です。

 また、お荷物の到着やサービスの提供確認がとれたお取引の売上は、キャッチボールが100%立替を行うなど、購入者様の利便性だけでなく、事業者様にとっても安心なサービスです。
※ご契約内容、商材によっては利用いただけない場合がございます。

 

〈取り扱い決済手段一覧〉

 

■「届いてから払い」決済手段拡大の背景

 キャッシュレス決済の普及が急速に進む一方で、後払い決済サービスにおいては現在もコンビニでの現金払いが主流です。このようななか2022年秋口に予定されているコンビニ収納代行費用の値上げにより、事業者様の負担はさらに大きくなることが予想されます。また、購入者様からもお支払い場所や時間が限られてしまうというお困りの声をいただいておりました。キャッチボールでは、このような課題に対処するため、お買い物やサービス提供の満足度向上の貢献を目指し「届いてから払い」の決済方法を拡大いたします。

■マルチ決済に対応した「届いてから払い」だから実現できること

① 決済による購入機会の損失を極限までなくし、新規顧客獲得に貢献
「届いてから支払う安心」はそのままに、「クレジットなどのポイントを貯めたい」という今までの後払いでは対応できなかった新たなニーズに対応することにより、顧客の取りこぼしを防ぎます。


② 後払い業務をまるごと代行で、コア業務に注力
一度にさまざまな種類の決済方法の導入が可能になるので、決済サービス事業者1社1社とのコンタクトが不要になります。また、コンビニ振込票の発行・発送から入金確認、お問い合わせ対応や代金回収業務まですべてキャッチボールが行いますので、事業者様は売上アップに関わるコア業務に集中いただけます。


③コンビニ収納代行費用の削減
クレジットカード決済、スマホ決済等、商品価格によってはコンビニ収納代行費用より手数料が安価であるお支払方法のご利用を促すことで、コンビニ収納代行費用削減が可能です。

 


キャッチボールについてはこちら▼
URL:https://www.catch-ball.jp/